MKコプターを使った撮影・点検業務

MKコプター(無人飛行体)とは、ラジコン操作の無人飛行体で、半径600m以内の一番高い地点から高度300m以内なら自由に飛ばすことができます。(空港の近くや公園等で管理者が禁止している場所を除く)デジタルカメラやビデオカメラを搭載することで、人が行けない場所や空からの撮影が可能です。ご相談いただければ、その他の利用方法についても対応いたします。

  • 建築物・橋梁・送電線等の点検及び検査に利用。
  • 撮影した画像を簡易オルソ化し地図として利用。
  • 観光・レクリエーション施設等の情報提供に利用。
  • 各種台帳で管理されている施設を上空から撮影し管理写真として利用。
MKコプターで撮影したクルスの海

MKコプターで撮影したお倉ヶ浜運動公園

アップスの業務内容